透析看護師求人
透析看護師求人 > 透析看護師の仕事 > 透析看護師 仕事内容
透析看護師として働く

透析看護師 仕事内容


透析看護師 仕事内容

透析看護師の仕事内容は以下になります。

・プライミング
・申し送り
・穿刺、抜針、止血
・透析機械の操作とバイタルチェック
・カンファレンス
・返血
・シーツ交換、申し送り
・記録チェック

他にも委員会活動や勉強会が入ることもありますね。
透析看護師として働く
まずプライミングですが、透析機械の準備ですね。必要な機械の準備、薬剤の用意を行います(プライミングを看護師パートに任せているクリニックもあります)。

機械操作には慣れが必要ですが、研修体制が充実している病院・クリニックなら、段階を踏んで使えるようになるでしょう。

透析ナースの仕事は「一度覚えればルーチン化しやすい」と言われますが、患者さんの命に直結しますので、緊張感を持って準備を行う必要がありますね。

次に患者さんの入室時の対応があり、申し送りが入ります。入室した患者さんの情報共有ですね。

その後に穿刺、抜針、止血を行うことになります。透析看護師のメイン業務の一つと言えるでしょうか。

患者さんは日常的に透析を受けているので、穿刺、抜針、止血に慣れていますが、それでも注射が下手なナースに対して嫌悪感を抱きやすいようです。

私も注射が苦手で目を背けますが、穿刺が苦手なナースから「下手でごめんなさいね」と言われても、言い訳にしか聞こえないんですよね(あくまでも注射される側の意見です)

「それならスキルアップしてほしい」と願う透析患者さんが多いと思いますし、穿刺、抜針、止血は非常に大切と言えるでしょう。

逆に言えば、注射が得意な看護師さんには心を開きやすく、安心して透析治療を受けられるんですよね。

透析は針が太く、シャント血管に刺すため、通常の穿刺より緊張すると思いますが、しっかり指導を受けながら慣れて下さいね。

機械操作と透析中のバイタルチェック

次に機械操作と透析中のバイタルチェックがあります。

透析中に血圧が下がる方もいますから、最初の内は先輩ナースに聞きながら進める必要があるでしょう。

透析を受ける患者さんの耳には様々な噂が入ります。

「同じ立場の患者が透析中に亡くなった」という話を聞くかもしれませんし、透析治療が続くことに苛立ち、不安を抱えている方もいるでしょう。

実際に私の先輩も透析中に亡くなったんですよね。自分で車を運転して病院に行き、そのまま、車だけが駐車場に残りました。まさかそのような亡くなり方をするとは…きっと本人も思わなかったはずです。

そのような話を患者さんが聞けば不安になりますし、ナースの存在が救いになっている部分もありますから、バイタルチェックは気を抜かずに行って下さい。

次にカンファレンスがあります。患者さんの状態報告と医師からの対応指示ですね。

その後に再びバイタルチェックを行い、返血を行うことになるでしょう。浄化した血液を体内に戻す作業ですね。

最後に患者さんが退室し、シーツ交換と申し送りを行い、記録チェックを行って1日の業務が終了します。

透析看護師の仕事はあらかじめ流れが分かっていますので、残業なし、夜勤なしで働きやすいですね。

仕事と育児を両立させたり、定時に帰れるのでプライベートの時間を確保しやすい、というメリットがありますよ。

透析看護師としてスキルを身に付ければ年齢を重ねても働きやすいですし、全国的にニーズが高いため、新しい土地でも仕事を見つけやすいという利点もあります。

給料、年収も高い基準にありますから、ぜひ積極的に透析ナース求人を探して下さいね。

看護師紹介会社を利用すれば、スムーズに募集が見つかるケースが多いですよ。

【関連記事】
未経験歓迎、透析看護師求人
人工透析クリニック パート看護師求人
託児所付 透析看護師求人

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓