透析看護師求人
透析看護師求人 > 透析看護師の仕事 > 非常に専門性が高い透析看護師の業務内容
日勤のみで働ける透析看護の仕事

非常に専門性が高い透析看護師の業務内容


専門性が高い透析看護師

透析看護師の業務内容は非常に専門性が高いですね。基本的な役割として以下があります。

・器械操作
・穿刺
・バイタルチェック
・急変対応

特に専門性が高いのは透析器械の操作ではないでしょうか。
日勤のみで働ける透析看護の仕事
他科では使用しない機械ですし、透析クリニック、透析科で働く上で操作を覚える必要がありますね。

しかし一旦操作を覚えれば、あとはルーチンで業務に入れますし、研修体制が充実している病院なら、スムーズに覚えられると思います。

穿刺に関しては、通常の注射よりも難しいと言われています。そのため、注射が得意なナースの方が透析科で働きやすいことでしょう。

透析装置の操作と同じように、指導体制が万全のクリニック・病院なら、穿刺のコツを覚えるのも早いかもしれませんね。

次に透析中のバイタルチェック、急変対応があります。

具体的には患者さんの体調変化の監視ですが、透析中に急変が起こることもあります。

透析は身体への負担が大きいですし、患者さんのその日の体調によっても変わるんですよね。

10年以上透析を受け続けている方でも、透析中の急変で命を落とすことがあります。血圧低下や不整脈などの急変が起こりやすく、透析看護師はその際の対応に追われることになるでしょう。

透析看護の経験が長いと、病棟に戻りにくくなる?

透析看護師の仕事は専門性が高い分、「慣れ過ぎると一般病棟へ復帰しづらい」というデメリットがあります。

そのため将来的に病棟復帰を考えている場合は、5年、10年と透析科でキャリアを積まない方が良いかもしれません。

しかし透析のニーズは非常に高く、年々患者さんも増えているようですから、専門性を高めることで、より有利な条件で転職できる可能性がありますね。

透析看護師の特徴として、年齢を重ねても転職しやすい、正社員から日勤パートへ異動したり、一旦退職した後に復職しやすい、という特徴がありますよ。

地方の病院など60歳以上の看護師が活躍しているケースも多いようですし、透析ナースとして身に付けた技術と知識があれば、末永く働けると思います。

また、透析看護認定看護師、透析技術認定士、透析療法指導看護師のような資格を通してキャリアアップする道もありますね。

透析科で働くには、先ほどお話ししたような業務内容に加えて、高いコミュニケーションスキルも必要になります。

長年透析を受け続けている患者さん…中には2日に1回のペースで通院が必要な病気ですし、透析中は不安に駆られるものです。

「急変時にしっかり対応してもらえるのか?」を考えながら透析を受ける患者さんも多いので、看護師としてコミュニケーション力が問われる仕事と言えるでしょう。

そのような専門性の高さを理解した上で、求人探しを行って下さいね。

【関連記事】
育児ブランクあけ、未経験からの透析看護
未経験歓迎、透析看護師求人

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓